もも組 もうすぐ ひなまつり

冷たい北風も和らぎ、最近の風は春のにおいを運んでくれるようになりました。2月は節分で豆まきをしました。鬼が来る前は「やっつける!」「負けないぞ!」と張り切っていたもも組の子ども達ですが、赤鬼と緑鬼が登場するとびっくり仰天!保育者の後ろに隠れながら「鬼は外!福は内!」と鬼を退治することができました。心の中の怒りんぼ鬼や泣き虫鬼、やだやだ鬼も一緒に退治できたようです。

少しずつできることが増え、クレヨンでのお絵描きや、シール貼りなど手先を使った細かい作業が上手になってきました。ひなまつり制作では、初めてコーヒーフィルターに水性ペンで自由描きに挑戦。指に色がついてしまうのも気にせず、クレヨンとは違う感触を楽しんでいました。描いた後は水をつけた筆でなぞり、にじみ絵をしました。じわりじわりと色がにじみ、変化していく様子を興味深そうに見ていました。幼稚園に飾ってあるお雛様を見学し、きれいな着物や装飾品に目を輝かせていた子ども達。にじみ絵やパーツ貼りの制作をし、自分だけのお雛様が完成すると「パパとママに見せる!」「早く持って帰りたい!」と作品をお家の人に見せたい気持ちが伝わってきました。

日々の生活の中で様々な成長を見せてくれるもも組さん。自分でできることが増え、4月当初と比べるとすっかりおにいさんおねえさんになったなぁと感じます。次年度への期待を高めながら、もも組で過ごす時間を楽しみたいと思います。

 

DSCN9958 DSCN9960